ゼニカルの副作用も知ることは必要

病気になると、やはり薬に頼らないといけません。今や薬を飲むことでかなり症状が改善されることも多く、さらに日々薬も進化しているので、以前よりも早く回復したり、さらにかかる費用が安くなることもあります。

どんな薬にも副作用が

そんな薬でも、やっぱり副作用がでることがあります。もともと薬が持っている副作用もあれば、服用を誤ってしまったために出た副作用があったり、さらに他の薬との併用をしたことででる副作用もあったりします。
とはいえ、大半の薬では副作用もかんがえられるのですが、それほどでることもなく、安心して使えるようにはなっています。

ダイエット薬のゼニカルにも

ダイエットでも、薬を使えるようにもなりました。それはゼニカルやアルリファストなどが有名です。
ゼニカルにおいても、やっぱり副作用があるのも事実です。
たとえば、挙げられる副作用としては、下痢の増加、また便をもらしてしまう便失禁がよくあります。さらにおならの回数のぞうかとおならとともに便失禁をしてしまうことがあります。
大抵はなれていくうちに改善されていきますが、しかしなかなかこうした副作用が収まらないケースもあるので、注意も必要です。
その他には、皮膚のかゆみや皮膚の色がきいろっぽくなるといったことがあります。
さらに血尿や尿の減少、出にくくなる、さらにむくみが出やすくなるといった腎臓関連の副作用もまれにでることもあります。
他には、吐き気や腹痛などが起こるといった胆石症が起こるかもと言われています。

依存性はない

あるダイエット薬の場合には、中枢神経にも働き掛けてしまい、依存性が高くなるといった不安もあり、服用には注意もかなり必要にもなります。
しかし、ゼニカルではそうした依存性はないので、やめるのも簡単にできます。そうした副作用や不安がないのはありがたいと言えます。

関連する記事